• ¥ 2,750
  • ジャズ理論書  A4 130ページ 本書は中・上級者向けに書いており、ジャズ理論の基礎的なことは省いています。上級者向けではありますが、アナライズに関係した理論の説明を処々ラインで囲んで挿入しているので、初級者でも、バークリー・メソッドの一般ジャズ理論書と併せて読むことで、理解できると思います。 本書はウェブサイト(unojazz.com)に連載したアナライズを中心に、新しい曲を追加し、再編集してまとめたものです。従って内容についてはウェブサイトで確認することができます。編集にあたっては、ウェブサイトとの差別化を図るために、曲数を増やすだけでなく、分かり難い箇所を理解し易いように書き直すと共に、譜面などもより見やすいように再編集しています。アナライズ本として、関連するジャズ理論についても、モード・ジャズなど日本での紹介が少ないものを中心に掲載しています。 曲目 1) Dindi 2) Desafinado 3) One Note Samba 4) Meditation 5) Corcovado 6) Once I Loved 7) How Insesitive 8) The Girl From Ipanema 9) Só Danço Samba 10) O' Grande Amore 11) Favela 12) Agua De Beber 13) If You Never Come To Me 14) Wave 15) Triste 16) Just Friends 17) Bluesette 18) All The Things You Are 19) I Remember You 20) Stella By Starlight 21) Con Alma 22) Moment's Notice 23) Lady Bird 24) Lazy Bird 25) Giant Steps 26) Dolphin Dance 27) Tell Me A Bedtime Story 28) Spain 29) Gymnopedie no.1

  • ¥ 2,750
  • イヤー・トレーニング教本 A4版 124ページ 1) この本は、バークリー音楽大学で行われているイアー・トレーニングの授業を基礎として、作曲や音楽理論の要素などを加え、切り口を変え、より体系的に一冊に編纂したものです。 2) この本の目的はソルフェージュと呼ばれる言葉(ドレミ・・・のこと。12音使います)を使い、階名(移動ド)で歌うことにより、特にジャズや作曲に必要な相対音感を養うと共に、音楽訓練を容易にすることにあります。これは、聞くイアー・トレーニングではなく、歌って獲得する音楽耳のトレーニング本といえます。 3) ソルフェージュの歌い方はいくつかあるが、この本は現在バークリー音楽大学など、英語圏で採用されているものを使っている。(12音ソルフェージュではRとLの発音の区別が必要となるが、人に聞かせるものではなく自分の中で区別できていれば問題はない。) 4) 練習をしながら楽器の訓練やメロディーの作り方が勉強できるように、練習曲を構成すると共に、パブリックドメインのジャズ・スタンダード曲を使い、そのまま実践でも使えるようにした。 5) 移動ド・ソルフェージュの効果の一部を紹介すると、1. 曲が覚えやすく、忘れ難くなる。2. 楽譜を読んでその音楽が理解できるようになる。3. 聞こえてきたメロディーがソルフェージュで浮かび、譜面に書くことも容易になる。4. 移調、転調が容易くなる。 特に大人になってから音楽を始めた人のイアー・トレーニングとして大きな効果があります。 CDは付属していませんが、Web(unojazz.com)で音源が利用できます。

  • ¥ 2,750
  • イヤー・トレーニング教本(2)  A4版 134ページ  (1)楽譜を歌うソルフェージュから更に進んで、自分でメロディーを作って歌う練習。 本書の最終目標は頭の中でイメージしたメロディーがソルフェージュの言葉で出て来ること、後はそれを楽器で演奏したり歌うだけ。 自然に浮かんだメロディー、それは何処かで聞いたり演奏したことのある曲の断片をつなぎ合わせたもの、ということがほとんどです。いくらすばらしいメロディーが浮かんでも、作曲の場合は評価されません。作曲や即興演奏において如何にオリジナルのメロディーを作るか、そのプロセスに本書は重点を置いています。メロディーを真似るのではなく、それが作られたプロセスを真似たり応用することでユニークなメロディーが期待されます。 (2)前著で紹介できなかったソルフェージュの大きな要素であるリズムの練習。 バークリーのイヤー・トレーニングでは、リズムもメロディーも口で歌いますが、その時必ず自分で指揮をしながら歌います。この指揮は1拍をダウン・ビートとアップ・ビートに分けています。指揮法や各リズムにおける練習はもちろん、16種類のリズム・パターンを練習することで、256パターンを瞬時に認識し楽譜の先読みを容易にする練習方法(4/4拍子の場合)や最近のジャズシーンに必須である変拍子の練習などを多数載せています。 (3)その他、難しいインターバルの曲や初見の曲を別のキー(移調して)で演奏するなどの応用練習。最終章の転調では、読み替えせずにモードの変化として捉えたほうがいい例、読み替えが必要な例、更に転調しているか曖昧な場合の歌い方について実際の曲で解説しています。 CDは付属していませんが、Web(unojazz.com)で音源が利用できます。

  • ¥ 500
  • UNOジャズレッスン発刊「ジャズ・ソルフェージュ」の音源mp3ファイルです。 書籍購入者はWEBから1ファイル毎に選んでダウンロードが可能です。 音源データのみ必要な方、または、まとめてダウンロードしたい場合はこちらから購入できます。 ダウンロードに際しては、必ず画面左の「ABOUT」をお読みください。 ファイルサイズは420MBあります。

  • ¥ 500
  • UNOジャズレッスン発刊「ジャズ・ソルフェージュ2」の音源mp3ファイルです。 (一部AACファイルを含みます) 書籍購入者はWEBから1ファイル毎に選んでダウンロードが可能です。 音源データのみ必要な方、または、まとめてダウンロードしたい場合はこちらから購入できます。 ダウンロードに際しては、必ず画面左の「ABOUT」をお読みください。 ファイルサイズは540MBあります。

  • ¥ 500
  • レベル1 + レベル2 + レベル3 ※ ダウンロードの際は必ず、shop名の下のABOUT に記載の注意事項をお読みください。 640MBと容量が大きいので、ダウンロードに時間がかかります。届いたメールのクリックは1回だけ押してしばらくお待ち下さい。通信環境によってはかなり時間がかかります。 ファイルはZIPファイルでダウンロードされます。ZIPファイルを開くには解凍ソフトが必要です。 スマホでは iZIPなどのアプリをダウンロードしてください。 携帯電話・スマートフォンやタブレットなどにダウンロードして失敗した場合は、3回までダウンロード可能なので、必ずPCにて再ダウンロードしてください。 【特徴】ゲーム感覚で楽しく練習できる! 楽譜を使わないので、聴くことに集中でき、効率が非常に高い。

  • ¥ 200
  • 移動ド ソルフェージュ音源によるJazz Lickの練習 【特徴】ゲーム感覚で楽しく練習できる! 楽譜を使わないので、聴くことに集中でき、効率が非常に高い。 レベル1は臨時記号が付かないのでソルフェージュは7音のみ また、インターバルも3度以上にならないので、最初の12音練習として最適 68 Licks x 12 keys x 3 tempos 練習についての解説とKey of C の譜面が付いています。 1.ジャズフレーズであるLickの高効率の練習であるが、同時に 2.楽器12キーをマスターするための練習として 3.固定ド唱法の人が移動ド唱法へ慣れるための訓練として 4.絶対音感の音楽家が相対音感をも身につける 5.イヤトレーニングをはじめ、音楽の基礎練習として 6.モチーフ・デベロップの練習として  (同じコードに合うよう最初のモチーフを発展させた4つのLickで1つのグループとなっている) ※ ダウンロードの際はshop名の下、ABOUT に記載の注意事項をお読みください。

  • ¥ 250
  • 移動ド ソルフェージュ音源によるJazz Lickの練習 【特徴】ゲーム感覚で楽しく練習できる! 楽譜を使わないので、聴くことに集中でき、効率が非常に高い。 レベル2は臨時記号が一つまで、ソルフェージュは12音で歌われる。 または、インターバルは4度、5度が現れる。 92 Licks x 12 keys x 2 tempos 練習についての解説とKey of C の譜面が付いています。 1.ジャズフレーズであるLickの高効率の練習であるが、同時に 2.楽器12キーをマスターするための練習として 3.固定ド唱法の人が移動ド唱法へ慣れるための訓練として 4.絶対音感の音楽家が相対音感をも身につける 5.イヤトレーニングをはじめ、音楽の基礎練習として 6.モチーフ・デベロップの練習として  (同じコードに合うよう最初のモチーフを発展させた4つのLickで1つのグループとなっている) ※ ダウンロードの際はshop名の下、ABOUT に記載の注意事項をお読みください。

  • ¥ 250
  • 移動ド ソルフェージュ音源によるJazz Lickの練習 【特徴】ゲーム感覚で楽しく練習できる! 楽譜を使わないので、聴くことに集中でき、効率が非常に高い。 レベル3は2つ以上の臨時記号、インターバルは6度、7度が現れる。 8部3連が現れる。 76 Licks x 12 keys x 2 tempos 練習についての解説とKey of C の譜面が付いています。 1.ジャズフレーズであるLickの高効率の練習であるが、同時に 2.楽器12キーをマスターするための練習として 3.固定ド唱法の人が移動ド唱法へ慣れるための訓練として 4.絶対音感の音楽家が相対音感をも身につける 5.イヤトレーニングをはじめ、音楽の基礎練習として 6.モチーフ・デベロップの練習として  (同じコードに合うよう最初のモチーフを発展させた4つのLickで1つのグループとなっている) ※ ダウンロードの際はshop名の下、ABOUT に記載の注意事項をお読みください。

  • ¥ 1,800 SOLD OUT
  • 一箇所の角が写真のように歪んでいます。 新品、7冊限定です。 よく分かるように写真を暗くしています。